教育を良くする神奈川県民の会

 29年度活動計画


1.活動方針
(1)具体的活動内容については、重要性・実現可能性などを勘案しながら優先順をつ
けて推進します。
(2)会員・構成団体の自主性を尊重しながら、できるだけ多くの参加と協力を得て課
題に取り組みます。
(3)会員の拡大など組織の充実強化を図ります。

2.具体的活動内容
(1)教科書問題の取り組み
   @小学校道徳教科書の採択については、教科書展示会などで各社の教科書を比較し、より良い教科書の採択を働きかけます。
   A小学校道徳教科書採択の状況を踏まえ、来年の中学校道徳教科書採択の準備をします。
   B引き続き教科書採択制度の改善を働きかけます。
(2)道徳教育の充実
   @道徳の教科化の先行実施
    ・横浜市や川崎市など本年度から先行実施を表明している市町の実施状況フォローし、来年度の正式実施に備えます。
   A「道徳教育(徳育)振興条例」の制定
    ・横浜市をモデル自治体として条例制定を働きかけます。
(3)学力向上の取り組み
   @平成29年度全国学力・学習状況調査結果の公開請求をします。特に、学校ごとの結果の公開促進を図ります。
   A学力調査結果に基づき学力向上について教育委員会・議会等へ学力向上施策を要請します。
(4)国旗掲揚・国歌斉唱の徹底
   @議会議場(未掲揚10議会)への国旗掲揚を要請します。
   A公共施設への国旗掲揚を要請します。
(5)歴史認識問題への取り組み
   @朝日新聞「慰安婦」捏造報道事件の集団訴訟を支援します。(傍聴等)
   A慰安婦、南京事件、関東大震災(朝鮮人殺害)、軍艦島など、史実に基づく情報を発信します。
(6)家庭教育の充実
   @家庭教育支援法及び家庭教育支援条例の制定を働きかけます。
   A憲法に家族保護条項を規定するように働きかけます。
   B家族保護の視点から少子化対策を推進します。
(7)その他、以下の課題に取り組みます。
   @人権教育等への対応
   A副校長・総括(主幹)・指導教諭の設置
   B教職員の資質向上
   C教職員組合への対応
   D会員(団体・個人)の拡大